山茶花

 

 

作品名 山茶花 (2004年)

第16回グループ「ヴァン・ユイット」
ステンドグラス展

木枠付き寸法 H1210o×W345o

ステンドグラス寸法 H1165o×W300o

 

 

 全面にアンティークグラスを使用しています。

 山茶花は「絵付け技法」で表現しました。

 
 <絵付けとは>

 ワインビネガーで溶いたグリザイユ(金属酸化物とグラスフラックスでできた顔料)で線描をして、次に水で溶いたグリザイユで濃淡をつけ、最後に電気炉で焼成してガラスに定着させる技法です。
山茶花 反射光で見た画像  全面に絵付けを施して、ガラス表面にはグリザイユが焼き付けてあるために、反射光で見ると黒ずんで見えます。

光があまり入らない室内の壁面や室内ドアの施工には向きません。
外光の入る窓に設置することをお勧めします

アトリエヨシダ Yahoo!ショッピング で販売しています。